お尻ニキビの予防法とは

ニキビの出来やすいお尻の予防法とは?

お尻はデリケートな部分です。女性の場合は、生理もあるので経血やナプキンでお尻全体が蒸れやすい状況下にあるのはニキビが出来やすい環境を作りやすいとも言えます。常に圧迫と蒸れにもさらされていますから、毛穴が詰まりやすく角質層が厚くなりやすいのもアクネ菌が繁殖しやすい原因です。場所によっては、じっとしていても痛みを感じてしまいますので、仕事中も気になって困る人もいるのではないでしょうか。

 

ニキビが出来ないような予防法はあるの?

 

蒸れやすい、圧迫を受けるお尻ですが皆さんが出来るわけではありません。顔には出来ても、お尻には出来ない人もいます。生活習慣や衣類にも原因があるので、先ずはニキビが出来ない環境作りが大切ですね。

 

下着は清潔に通気性が良いものを選びましょう

 

お洒落な下着は、レースや繊維も柔らかいものがありますが化学繊維は通気性が悪く、蒸れを悪化させてしまいます。コットンやシルクのように、肌触りも良く通気性に優れたものを普段から身に付けましょう。また、無理に小さなサイズの下着を身に付けてしまうとニキビを作るだけでなく、悪化させる原因にもなります。特別な日は仕方が無いでしょうが、黒ずみを発生させない為にもサイズはきちんと守りましょう。

 

ストレスを溜めない

 

ストレスはニキビの原因でもあります。ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの分泌が激しくなり皮脂が多くなります。適度な運動と質の良い睡眠を確りと取ることで、肌のターンオーバーを正常にして角質を固くしないようにします。

 

食生活を見直す

 

脂質や糖質の多い食事は、皮脂を過多にしてしまいます。バランスの良い食事を心掛けて、ニキビが出来にくい体を作ることも必要です。

 

お尻が触れるものは清潔にする

 

浴槽の椅子やマットには雑菌がたくさんいます。座る前には必ずキレイにしておきましょう。

 

ニキビが出来てしまったら

 

下着を身に付けたり衣類に触れると気になるニキビですが、皮脂が過多になっただけでなく石鹸の洗い残しが原因にもなります。清潔にするあまりに、洗い残しがあると毛穴を詰まらせてしまいますので石鹸はしっかり洗い流しましょう。痛みや赤みがあるニキビになると、薬やセルフケアで治りにくくなります。腫れ上がるようになる前に、皮膚科で診察を受けて治療を始めましょう。

 

ニキビは皮膚の病気ですから、無理に自分で治そうとせずに医師の治療を受けましょう。お尻は恥ずかしくて見せたくない気持ちは良く解りますが、痕になってしまったり悪化する事で体に支障が出ることを考えると早めに治療を行うのが適切な判断なのです。